G-GRIP工法
16059
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-16059,page-child,parent-pageid-14495,bridge-core-2.2,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled, vertical_menu_transparency vertical_menu_transparency_on,qode-title-hidden,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-23.6,qode-theme-bridge,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.1,vc_responsive

マンホール鉄蓋改修

マンホール鉄蓋交換を円形に行う工法で、特長はバックホウに円形カッター装置を取り付けてアスファルトを切断し、取壊し撤去時にはカッター装置を取り外すことで、車両の入替なく、即クレーン作業が行える事と、バックホウの機動性を活かし、細やかな移動や狭い場所での作業を容易に出来る様に工夫されたものです。

また、調整・復旧材料にはG-GRIP工法が独自開発したGコンクリート(特殊樹脂コンクリート)を使用することで強度・耐久性を高めました。

マンホール鉄蓋改修